胃潰瘍・十二指腸潰瘍 | 阪急西宮北口の内科,消化器内科,呼吸器内科,アレルギー科 なかじま内科クリニック

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

ホーム > 診療案内 > 胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

従来、消化性潰瘍は、胃酸分泌過多やストレス、喫煙などの生活習慣が引きおこす疾患であると考えられていました。
しかし、現在はヘリコバクターピロリ菌の感染による考えが主流となり、内視鏡検査などにてピロリ菌の検査を実施し、ピロリ菌の除菌を行う治療が一般的です。
またピロリ菌以外による潰瘍としては鎮痛剤(NSAID)による副作用もあります。
診断には内視鏡検査を行い、粘膜からの生険、細菌検査などにて確定診断します。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療

①NSAID潰瘍の治療: 初期治療にはPPI(パリエットなど)を投与し、8週間投与を行います。
②NSAID潰瘍の再発防止: パリエットなどのほかにガスターなどのH2 blockerを適宜使用を行います。
③H。ピロリ菌感染による潰瘍: 高用量のPPIを含む抗生剤を7日投与します。 その後は抗生剤のみ中止しPPIだけを投与し、1ヶ月以上経過した時期にピロリ菌の呼気テストを行います。

ページトップへ

レスポンシブウェブデザイン