がんリスクスクリーニングアミノインデックス | 阪急西宮北口の内科,消化器内科,呼吸器内科,アレルギー科 なかじま内科クリニック

がんリスクスクリーニングアミノインデックス

ホーム > 診療案内 > がんリスクスクリーニングアミノインデックス

がんリスクスクリーニングアミノインデックスとは

健康な人の血液中のアミノ酸濃度は、それぞれ一定に保たれるようにコントロールされていますが、さまざまな病気になると、一定に保たれている血液中のアミノ酸濃度のバランスが変化することがわかっています。

血液中の各種アミノ酸濃度約20種類から、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、がんに羅患しているリスクを評価します。

メリット

  • わずか5mlの採血のみで癌のリスクを測定する事ができます。
  • 早期がんにも対応しています。
  • 複数のがんの検査が同時にできます。

検査対象となるがん

  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 肺がん
  • 前立腺がん(男性のみ)
  • 乳がん(女性のみ)
  • 子宮がん・卵巣がん(女性のみ)

対象者

検査項目名称 受診対象年齢 対象がん がん種別
評価対象年齢
男性 4種 25歳~90歳 胃がん、肺がん、大腸がん 25歳~90歳
前立腺がん 40歳~90歳
女性 5種 20歳~90歳 胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん 25歳~90歳
子宮がん・卵巣がん 20歳~80歳
女性 2種 20歳~90歳 乳がん 25歳~90歳
子宮がん・卵巣がん 20歳~80歳

受診前の注意事項

  • 来院していただいてから検査の予約をします。
    検査するために、普段から服用されている薬やサプリメントを、中断出来るか確認する必要があります。
  • 検査前8時間以内に水以外(食事、サプリメント等)は摂らないで、午前中に採血して下さい。

※検査時に妊娠されている方、授乳中の方、がん患者(治療中を含む)の方、先天性代謝異常の方、透析患者の方は、AICS値に影響がありますので検査は受けられません。

結果について

ランクAランクBランクCの3段階で表示されます。
ランクAは通常よりがんである可能性が低く(0.3~0.7倍)、ランクBはやや高く(1.3~2.1倍)、ランクCは高い(4.0~11.6倍)状態であることを表しています。ランクCはそれぞれのがんに対しての精密検査が必要となります。

費用について

健康保険は適用されません。

費用について詳しくはこちら

ページトップへ

レスポンシブウェブデザイン